読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳汁portal

アメリカ在住(だった)新米エンジニアがその日学んだIT知識を書き綴るブログ

gangliaでmetricsを追加して監視項目を増やす方法

gangliaに監視項目を増やす方法はいくつかありますが、今回はpython moduleを使用する方法を載せます

手順

1. クライアントサーバの設定

gmond.confの編集
sudo vi /etc/ganglia/gmond.conf
======================================================================
 59 modules {・
・
・
 91   module {                                          # 追加
 92     name = "python_module"                          # 追加
 93     path = "modpython.so"                           # 追加
 94     params = "/usr/lib/ganglia/python_modules/"     # 追加
 95   }                                                 # 追加
 96 }
 97
 98 include ('/etc/ganglia/conf.d/*.conf')
 99 include ('/etc/ganglia/conf.d/*.pyconf')            # 追加
======================================================================
上記で指定したディレクトリの作成
sudo mkdir /etc/ganglia/conf.d
sudo mkdir /usr/lib/ganglia/python_modules
python moduleの準備
cd /usr/local/src
git clone https://github.com/ganglia/gmond_python_modules.git
cd ${download directory}
ls -l
  total 236
  drwxr-xr-x 3 root root 4096 Mar 18 09:12 apache_status
  .
  .
  drwxr-xr-x 4 root root 4096 Mar 18 09:12 zfs_arc

ダウンロードしたディレクトリ以下にmoduleがディレクトリ毎に配置されています
使用したいmoduleのディレクトリに移動して作業を行います(今回はmysqldを選びます)

cd mysqld
ls -l
  drwxr-xr-x 2 root root 4096 Mar 18 09:12 conf.d
  drwxr-xr-x 2 root root 4096 Mar 18 09:12 graph.d
  drwxr-xr-x 2 root root 4096 Mar 18 09:12 python_modules

### python moduleのコピー
cp -ip python_modules/*.py /usr/lib/ganglia/python_modules/.

### confファイルのコピー
cp -ip conf.d/*.conf /etc/ganglia/conf.d/.
クライアントrestart
sudo service gmond restart

最後にgmondをrestartしてクライアント側は完了です

2. マスターサーバの設定

python moduleのダウンロード
cd /usr/local/src
git clone https://github.com/ganglia/gmond_python_modules.git
cd ${download directory}
cd mysqld
graphファイルのコピー
cp -ip graph.d/* /usr/share/ganglia-webfrontend/graph.d/.
gmetadの再起動
sudo service gmetad restart


以上でmysqldの関するMetricsが追加され、監視項目が増えたはずです