読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳汁portal

アメリカ在住(だった)新米エンジニアがその日学んだIT知識を書き綴るブログ

SwiftによるiPhoneアプリ開発入門(超初歩)その8 -複数セクション(グループ分け)したリスト-

前回はセクションを分けない(グループ分けしない)でリストを一括表示しましたが、今回はリストをセクションに分けてみます。
f:id:portaltan:20150726183225p:plain

1、リスト上に表示させる画像をSupporting Filesディレクトリへ配置

2、ストーリーボードから既存のシーンを削除し、Table View Controllerをl配置して初期画面に設定
f:id:portaltan:20150726165606p:plain

3、セルのプロパティを編集し、セルのスタイルとidentifierを設定f:id:portaltan:20150726165813p:plain

4、ドキュメントアウトラインから、Table View を選択し、右の設定画面でStyleをGroupedに設定
f:id:portaltan:20150726170050p:plain

5、既存ビューコントローラを削除し、UITableViewControllerのサブクラスを作成して実装
f:id:portaltan:20150726180409p:plain

6、セクションのヘッダに表示するデータとテーブルに表示するデータを実装

    let sectionHeaderTexts = ["女性向け商品", "男性向け商品"]
    
    var items: [[(text: String, detail: String, fileName: String)]] = [
        [
            ("メガネ", "知的な印象を与えます", "glasses1.jpeg"),
            ("帽子", "日差しを避けて涼しさを。", "hat1.jpeg"),
            ("ドレス", "街中で視線を集めます", "suit1.jpeg"),
            ("シューズ", "歩きやすさを重視", "shoes1.jpeg"),
        ],
        [
            ("メガネ", "個性が光ります", "glasses2.jpeg"),
            ("帽子", "夏にぴったりです。", "hat2.jpeg"),
            ("ドレス", "機能性が非常に高いです。", "suit2.jpeg"),
            ("シューズ", "山歩きにどうぞ", "shoes2.jpeg"),
        ]
    ]

7、セクションの設定を実装

    override func numberOfSectionsInTableView(tableView: UITableView) -> Int {
        // 作成するセクションの数を返す
        return sectionHeaderTexts.count
    }

    override func tableView(tableView: UITableView, numberOfRowsInSection section: Int) -> Int {
        // セクション毎の行数を返す
        return items[section].count
    }

    // セクションのヘッダー文字列を返す
    override func tableView(tableView: UITableView, titleForHeaderInSection section: Int) -> String? {
        return sectionHeaderTexts[section]
    }
    

8、セクションを作成して返す

    override func tableView(tableView: UITableView, cellForRowAtIndexPath indexPath: NSIndexPath) -> UITableViewCell {
        
            // 再利用できるセルがあれば取得する
            // 第一引数には、ストーリーボードで設定したセルのidentifierを指定
            let cell = tableView.dequeueReusableCellWithIdentifier("myCell", forIndexPath: indexPath) as! UITableViewCell
        
            // セクション番号
            let section = indexPath.section
        
            // セクション内での番号
            let rowInSection = indexPath.row
        
            // 表示するUIImageのファイル名
            let fileName = items[section][rowInSection].fileName
        
            // セルの内容を設定
            cell.textLabel?.text = items[section][rowInSection].text
            cell.detailTextLabel?.text = items[section][rowInSection].detail
            cell.imageView?.image = UIImage(named: fileName)
        
        return cell
    }

9、作成したTableViewControlをストーリーボード上のシーンと対応付け
f:id:portaltan:20150726182911p:plain