読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳汁portal

アメリカ在住(だった)新米エンジニアがその日学んだIT知識を書き綴るブログ

UnityでGearVRアプリを作成する際の初期設定

UnityでGearVRアプリを作成する際の初期設定の手順です
f:id:portaltan:20160412203417p:plain

はじめてAndoridアプリを作成するときのみ必要な作業

1. Library ダウンロード
2. Unityに各LibraryのPATHを設定する

JDKとAndorid SDKをUnityから使えるように設定する。
Edit > Preferences > External Toolと進んでいき、それぞれSDKJDKのPATHを入力する
f:id:portaltan:20160412195135p:plain

アプリ毎に行う作業

1. Unityを起動し、Create New Projectで3Dプロジェクトを作成する

f:id:portaltan:20160412195503p:plain

2. PlatformをAndroidに変更する
  • File > Build settingを選択
    • Platformを「Android」にする
    • TextureCompressionを「ASTC」にする
    • 最後にSwitch Platformをクリック

f:id:portaltan:20160412195726p:plain

3. Projectの設定を行う
  • Edit > Projct Setting > Playerを選択してPlayerSettingsを開く
    • Company Nameを任意の名前に設定
    • Product Nameを任意の名前に設定
      • (これがAndorid端末で表示されるアプリ名になる)
    • Vitual Reality Supportedにチェックを入れる
    • Identifiation > Bundler Identifierを任意の値に変更する
      • (これを使いまわすとProduct Nameが異なってもアプリが上書きされてしまう)
    • versionは適当に0.1とかに変更

f:id:portaltan:20160412200135p:plain

4. Oculus Utilities for Unity5

GearVRの開発に必要なUnitypackageをダウンロードする
Developer Center — Downloads | Oculus

  • 以前はOculus Mobile SDKに入っていたらしいが、現在はOculus Utilitiesとして単体で用意されているのでそちらをダウンロードする
  • ダウンロードファイルを解凍するとOculusUtilities.unitypackageというPackageが入っているので、それをUnityへImportする
    • Import package > Custom Package

f:id:portaltan:20160412201025p:plain

  • Package内で更にimportするファイルを選べるが、わからなければとりあえずデフォルトのまますべてimportする

f:id:portaltan:20160412201235p:plain

f:id:portaltan:20160412202354p:plain

5. GearVRのカメラ設定を行う

GearVRはDefaultのMainCameraではなく、いまimportしたpackageの中にあるOVRCameraRigというカメラを使用する

  • Assets/OVR/Prefabs内のOVRCameraRigをD&DでHierarchyへセットする

f:id:portaltan:20160412201654p:plain

  • 不要なMainCameraは削除する
6. AndroidのSinature登録を行う
  • Unityで作成したGearVRアプリをandoridの実機にBuildするにはSignatureファイルが必要となる
  • 以下参照

portaltan.hatenablog.com

7. Save SceneでSceneを保存する

これで準備完了です

(確認)

(必要であれば、)Cube等を置いて、試しにAndoridにBuildしてみる
f:id:portaltan:20160412202836p:plain
f:id:portaltan:20160412203007p:plain