読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳汁portal

アメリカ在住(だった)新米エンジニアがその日学んだIT知識を書き綴るブログ

Oculus Rift DK2 のWindows接続確認

1. Connect Oculus

まずはOculusをPCに接続します

  • Oculusの開発環境でサポートされているのはデスクトップのWindowsのみで、現在はMacLinux、ラップトップはサポート対象外となっています
  • 接続の際にはUSBとHDMIケーブルを接続する必要がありますが、HDMIケーブルを接続するときに、PCによってはオンボードのグラフィックボードと拡張のグラフィックボードの2つのHDMI入力ポートがありますが、オンボードではなく拡張ボードの方のポートを利用しましょう
  • それとは別に電源ケーブルをOculusに差し込むことも忘れずに

2. Oculus Runtime for Windowsのインストール

まずは一番最初にOculus Runtime for Windowsを利用してきちんとOculusが認識されているか確認します

Oculus Runtime for Windowsをダウンロードする

以下のPageからダウンロードを行い起動します
Developer Center — Downloads | Oculus

正常に接続されている場合は以下のような表示が出ることを確認できます
f:id:portaltan:20160316181655p:plain

  • 動かなかったら
    • グラフィックボードのドライバを最新のものにUpdate
    • 電源ケーブルをちゃんとつないでいるか確認
    • HDMIとUSB両方PCにつないでいるか確認
    • HDMIオンボードグラボの方に刺さっていないか確認
    • (ラップトップでは設定的に認識できない機種があるようです)

ユーザ設定

Userの項目からユーザ設定を行います
f:id:portaltan:20160316181817p:plain

Demo

Show Demo Sceneを実行し、Demoが正常に動くか確認します
f:id:portaltan:20160316184142p:plain

起動すると以下のような画面がでてくるので、マウスでカーソルを動かして画面上のStartをクリックします
f:id:portaltan:20160316182054p:plain

Demo画面が表示されます。付属のカメラもSettingしている場合は、距離も認識するので前方に移動したり後方に移動したりもできます
f:id:portaltan:20160316182431p:plain

3. Oculus SDK for Windowのインストール

Oculus SDK for Windowsのダウンロードする

以下からダウンロードしてきます
Developer Center — Downloads | Oculus

Demo

ダウンロードしてきたファイルを解凍し、その中にあるOculus World Demoを試してみましょう
f:id:portaltan:20160316182950p:plain

以下のようなデモが見れます
f:id:portaltan:20160316183124p:plain