読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳汁portal

アメリカ在住(だった)新米エンジニアがその日学んだIT知識を書き綴るブログ

AWS EC2(コンソールにログインするまで)

AWS

AWSのEC2の使い方です
とりあえず今回はteratermでアクセスするまでの方法を説明します

インスタンスの作成

1. まずはEC2にアクセス
f:id:portaltan:20151228174743p:plain

2. instances(インスタンス)を選択
f:id:portaltan:20151228174924p:plain

3.『 インスタンスの作成』を選択
f:id:portaltan:20151228175153p:plain

4. OSの選択

  • 希望のOSを選択します

f:id:portaltan:20151228175306p:plain

5. インスタンスタイプの選択

  • 条件がよくなるほど高額になりまs
  • 今回はデフォルトの「無料利用枠の対象」って書いてあるものを使用します

f:id:portaltan:20151228175415p:plain

6. セキュリティグループの選択

  • 『セキュリティグループの編集』を選択

f:id:portaltan:20151228175618p:plain

  • デフォルトでTCP:port22のアクセスが許可されていまs
  • 送信元の[任意の場所:0.0.0.0/0]はアクセス元の制限をしないという意味です
  • 必要であれば『ルールの追加』を行い、追加し終わったら『確認と作成』をクリック

f:id:portaltan:20151228175818p:plain

7. インスタンスの作成ボタンをクリック

  • インスタンス作成の確認画面に戻ってくるので、『作成』ボタンをクリック

f:id:portaltan:20151228181512p:plain

8. キーペアの作成

  • 作成したインスタンスにアクセスするためのセキュリティキーをダウンロードします
  • 適当な名前をつけてダウンロードしたら『インスタンスの作成』ボタンを選択します

f:id:portaltan:20151228181651p:plain

9. インスタンスの作成が完了するまで待つ

f:id:portaltan:20151228182002p:plain

runningになればインスタンスの作成完了です

作成したインスタンスへアクセス

1. パブリックIPを確認
f:id:portaltan:20151228182120p:plain

2. teratermにIPを入力

  • ホストに上記のパブリックIPを入力
  • TCPポートが22、SSHにチェックが入っていることを確認して『OK』を選択

f:id:portaltan:20151228182237p:plain

3. teratermにログイン情報を入力

  • ユーザ名に[ec2-user]と入力
    • ubuntuは「ubuntu
    • その他のOS等によってアクセス出来ない場合は、「root」とかで試してみる
  • RSA****鍵を使う』にチェックをいれて、インスタンス作成時にダウンロードしたセキュリティーキーを選択して『OK

f:id:portaltan:20151228182810p:plain

4. アクセス完了
f:id:portaltan:20151228182834p:plain


これでインスタンス作成と使用の準備の完了です