読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳汁portal

アメリカ在住(だった)新米エンジニアがその日学んだIT知識を書き綴るブログ

ライブラリの依存関係を調査するlddコマンド

Linux

lddコマンドを使ってライブラリの依存関係を調べることが出来ます。

ライブラリ調査

コマンド

ldd ${ライブラリ}

ldd libtokyocabinet.so

libbz2.so.1 => /usr/lib64/libbz2.so.1 (0x00002b859cd82000)
libz.so.1 => /usr/lib64/libz.so.1 (0x00002b859cf92000)
librt.so.1 => /lib64/librt.so.1 (0x00002b859d1b7000)
libpthread.so.0 => /lib64/libpthread.so.0 (0x00002b859d3c1000)
libm.so.6 => /lib64/libm.so.6 (0x00002b859d5dc000)
libc.so.6 => /lib64/libc.so.6 (0x00002b859d85f000)
/lib64/ld-linux-x86-64.so.2 (0x0000003a03000000)

ライブラリが設定されていない場合には

1. /etc/ld.so.confにライブラリの設定を記述するか、/etc/ld.so.conf.d/以下にconfファイルを作成して配置する
2. ldcofigコマンドでupdateを反映する