読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳汁portal

アメリカ在住(だった)新米エンジニアがその日学んだIT知識を書き綴るブログ

AWSにGladiatorをinstallしてみた

AWS nosql ruby Rails

AWSにROMA(Ruby On Memory Architecture)のGUI toolであるGladiatorをinstallしてみた

準備

  • ROMAのインストールと起動

portaltan.hatenablog.com

    • ROMA側のmkconfigの途中でplugin選択があるが、そこで'config_gui.rb'を選択しておく
    • ストレージとしてTokyoCabinet, Groonga, Memeoryを選べるが今回はTokyocabinetを利用
  • rubyのインストール

手順

1. gladiatorのダウンロード
wget https://github.com/roma/gladiator/archive/v1.2.0.tar.gz -O gladiator.tar.gz
tar xvfz gladiator.tar.gz
cd gladiator-1.2.0
2. gemのinstall
sudo bundle install
  • railsやその他のライブラリがinstallされる
3. Configファイル設定

ROMAの情報

bin/set_roma_info
  Please input roma host info(ip or hostname)
  > 54.199.127.181

  Pleasese input ROMA 1 port No.
  > 10001

  Would this be OK?(y/n)
  > y

  ADDED
        HOST => '54.199.127.181'
        PORT => '10001'
  • 生きているnodeのどれか一つを指定すればよい

アカウント設定

$ bin/add_user
 Please input user name
 > nouziru

 Pleasese input password
 > foobar

 [Optional]
 Please input Gravatar email address.
 (If you don not need this process, please push enter with brank.)> 

 Which mode do you want to add this user?
 (some functions are restricted to root user only)[1] root user
 [2] normal user
 > 1

  ==============================================
  user name  : nouziru
  password   : ******
  email      :
  role       : root
  ==============================================
  Would this be OK?(y/n)
  > y

  ADDED
        {:username => 'nouziru', :password => '******', :email => '' }
  • ログイン用のアカウント登録
  • emailアドレスはGravatarに使うだけなので今回はSkip
  • normalユーザは機能が制限されるのでrootユーザで登録
4. 起動
rails s -d
=> Booting WEBrick
=> Rails 4.0.2 application starting in development on http://0.0.0.0:3000
=> Run `rails server -h` for more startup options
  • 試しなのでweblickで起動
5. アクセス

http://54.199.127.181:3000へアクセスするとログイン画面が表示されました
f:id:portaltan:20151002140522p:plain

6. ログイン

usernameとpasswordを入力してログインするとclusterのステータスを表示する画面が表示されました。
f:id:portaltan:20151002141141p:plain

使ってみた

Routing page

f:id:portaltan:20151002141251p:plain

Log page

f:id:portaltan:20151002141430p:plain

Connection Graph page

f:id:portaltan:20151002141919p:plain

Cluster画面

1node落として、recoverボタン押してみた

  • (recoverは冗長度低下時の冗長度復帰機能)

f:id:portaltan:20151002142152p:plain

Reference

インストール手順&資料
ROMA Key Value Store (KVS) - Open Source Project