読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳汁portal

アメリカ在住(だった)新米エンジニアがその日学んだIT知識を書き綴るブログ

VagrantでVirtualBoxにUbuntu14.04(LTS)の環境を作成する方法

VM

タイトルの通り、Windows環境でVirtualBoxVagrantCentOSをいれる方法です。

環境

手順

1. まずはVirtualBoxをダウンロードします(http://www.virtualbox.org/)
2. 次にVagrantをダウンロードします(http://downloads.vagrantup.com/)
3. PCを再起動します
4. コマンドプロンプトからvagrantの確認をします

> vagrant -h

5. Dドライブに移動して、vagrant用のディレクトリを用意します

> cd /d d:
> mkdir Vagrant
> cd Vagrant
> mkdir ubuntu14.04

6. boxというインストールに使うイメージをダウンロードしてきます。
こちらから欲しいパッケージを選んでURLをコピーしてください。(A list of base boxes for Vagrant - Vagrantbox.es)
今回はhttps://github.com/kraksoft/vagrant-box-ubuntu/releases/download/14.04/ubuntu-14.04-amd64.boxを使用しました。

> vagrant box add ubuntu14.04 https://github.com/kraksoft/vagrant-box-ubuntu/releases/download/14.04/ubuntu-14.04-amd64.box
> vagrant box list
ubuntu14.04       (virtualbox, 0)

7. ダウンロードしてきたboxを使って環境を構築します

> vagrant init ubuntu14.04

8. 設定ファイルが作成されるので、これを適当なエディタで開き、下のIP addressの箇所のコメントアウトを外します。

> notepad Vagrantfile
################################
.
.
25   # Create a private network, which allows host-only access to the machine
26   # using a specific IP.
27   config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.11"   # <===これ!!
.
.
################################
> findstr private Vagrantfile
  # Create a private network, which allows host-only access to the machine
  config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.11"  # <===コメントアウトが外れてること確認

9. VMを起動します

> vagrant up  # 環境によっては結構時間がかかります
> set PATH=%PATH%;C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\   ### PATHが通っていない場合は通しましょう

10. 確認して終了

> vagrant status
Current Machine states:

default       runnning(virtualbox)
.
.

この後のオペレーション

# VM ログイン
> vagrant ssh

# VM停止
> vagrant halt

# 起動
> vagrant up

# 一時停止
> vagrant suspend

# 起動(一時停止から)
> vagrant resume

# VM 消去
> vagrant destroy