読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳汁portal

アメリカ在住(だった)新米エンジニアがその日学んだIT知識を書き綴るブログ

tarコマンドの使い方とオプション

Linux

圧縮コマンドのtarの使い方とそれぞれのオプションの説明です

使い方

tar cvfpz ****.tar dir1 dir2 # (圧縮)
tar tvfpz ****.tar           # (確認・テスト)
tar xvfpz ****.tar -C ${ディレクトリ指定} # (展開)

   - c 新しいアーカイブの作成
   - t アーカイブ内容の一覧を表示する
   - x アーカイブからファイル抽出

   - z 圧縮
   - v 処理したファイルの一覧を詳しく出力
   - f ファイル名を指定する
   - p すべてのアクセス情報を書き込む(permission維持)

   - "-C" 展開先ディレクトリの指定(デフォルトはカレントディレクトリ)

Example

# ファイル確認
$ ll
total 8
-rw-rw-r-- 1 roma roma 5 Aug  4 00:05 bar.txt
-rw-rw-r-- 1 roma roma 5 Aug  4 00:05 foo.txt

# 圧縮
$ tar cvfpz test.tar bar.txt foo.txt
bar.txt
foo.txt

# 圧縮ファイル確認
$ ll
total 12
-rw-rw-r-- 1 roma roma   5 Aug  4 00:05 bar.txt
-rw-rw-r-- 1 roma roma   5 Aug  4 00:05 foo.txt
-rw-rw-r-- 1 roma roma 139 Aug  4 00:06 test.tar

# 確認・テスト展開(実際に展開はされない)
$ tar tvfpz test.tar
-rw-rw-r-- roma/roma         5 2015-08-04 00:05 bar.txt
-rw-rw-r-- roma/roma         5 2015-08-04 00:05 foo.txt

# 展開先ディレクトリ作成
$ mkdir tmp

# 展開
$ tar xvfpz test.tar -C ./tmp/
bar.txt
foo.txt