読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳汁portal

アメリカ在住(だった)新米エンジニアがその日学んだIT知識を書き綴るブログ

RubyのThreadのステータスに関して

ruby

class Thread (Ruby 2.4.0)
instance method Thread#status (Ruby 2.4.0)
instance method Thread#alive? (Ruby 2.4.0)

Rubyのスレッドに関して各ケースのステータスまとめ

各項目がとる値

  • thread object(thread.inspect)
    • run
    • sleep
    • aborting
    • dead
  • thread.status
    • run
    • sleep
    • false
    • nil
  • thread.alive?
    • true
    • false

調査

通常時(スレッドが生きているとき)

ソース
t1 = Thread.start{
  loop do
    sleep 1
  end
}

loop do
  p t1 # run, sleep, aborting, dead
  puts t1.status || t1.status.class # run, sleep, false, nil
  puts t1.alive? # true, false
  puts "--------------------------------"
  sleep 1
end
実行結果
#<Thread:0x55e80d30 sleep>
run
true
--------------------------------
#<Thread:0x55e80d30 sleep>
run
true
--------------------------------
#<Thread:0x55e80d30 sleep>
run
true
--------------------------------
各ステータス
  • thread object : (run), sleep
  • thread.status : run, (sleep)
  • thread.alive? : true

正常終了時

ソース
t1 = Thread.start{
  2.times{|n|
    sleep 1
    puts n+1
  }
}

loop do
  p t1
  puts t1.status || t1.status.class # run, sleep, aborting, false, nil
  puts t1.alive? # true, false
  puts "--------------------------------"
  sleep 1
end
実行結果
#<Thread:0x566a0c48 run>
sleep
true
--------------------------------
1
#<Thread:0x566a0c48 sleep>
sleep
true
--------------------------------
2
#<Thread:0x566a0c48 dead>
FalseClass
false
--------------------------------
#<Thread:0x566a0c48 dead>
FalseClass
false
--------------------------------
#<Thread:0x566a0c48 dead>
FalseClass
false
--------------------------------
各ステータス
  • thread object : dead
  • thread.status : false
  • thread.alive? : false

異常終了時

ソース
t1 = Thread.start{
  2.times{|n|
    sleep 1
    puts n+1
  }
  raise
}

loop do
  p t1
  puts t1.status || t1.status.class # run, sleep, aborting, false, nil
  puts t1.alive? # true, false
  puts "--------------------------------"
  sleep 1
end
実行結果
#<Thread:0x558e8bf0 run>
sleep
true
--------------------------------
#<Thread:0x558e8bf0 run>
sleep
1
true
--------------------------------
#<Thread:0x558e8bf0 run>
2
sleep
false
--------------------------------
#<Thread:0x558e8bf0 dead>
NilClass
false
--------------------------------
#<Thread:0x558e8bf0 dead>
NilClass
false
各ステータス
  • thread object : dead
  • thread.status : nil
  • thread.alive? : false

まとめると

  • thread.statusはスレッドが生きている間はrunかsleepで、正常終了するとfalseになり、異常終了するとnilになる
  • thread.alive?はスレッドが生きている間はtrueで、終了すると正常・異常に関わらずfalseになる
  • thread情報を直接見ると、スレッドが生きている場合はrunかsleepで、終了処理中はabortingになり、完全に終了するとdeadになる

raspberryPiでRTCを使おうとしたときにargument Errorになる

電子工作

前提条件として、raspberryPiにはRTCがついていないため、シャットダウンしてしまうと時間を保持しておくことが出来ない。

なので通常は起動時にntpでシステムの時刻をあわせるのだが、当然インターネット環境がない場合はその時間合わせをすること自体が出来ない。

そういう場合などのために個別にRTCを取り付けることが出来るのだが、以下のようにエラーが出てRTCへアクセスが出来ないことがたまにある。

hwclock: ioctl(RTC_RD_TIME) to /dev/rtcX to read the time failed: Invalid argument

調べていくと割とメジャーなつまづきポイントらしい。
Raspberry Pi • View topic - Wierd RTC(ds1307) problem

調べていくとfake_hwclockというものが悪さをしているらしく、上の方でraspberryPiにはRTC(hwclock)はついていないといったのだが、その代わりにのっているのがfake_hwclockらしい。

これは何かというと、普通ならば時刻データを保持できないのでネット環境がない場合は起動するたびに初期値の1970年1月1日0時0分0秒になってしまうのだが、
このfake_hwclockというシステムが有効化されていると、起動している時間を定期的(shutdown時にも?)にtxtとして保存しておき、次回起動時にこの時間を現在時刻として
使おうという機能である。

今回は本物のhwclockであるRTCとこのfake_hwclockが競合してしまったために上記のエラーが出たものと思われる。
解決方法としてはこいつを無効化してやればよい。

sudo update-rc.d fake-hwclock disable

これで競合することはなくなり、上記のエラーが出ることもなくなった。

raspberryPi3のIPを固定する方法(static ip)

電子工作

raspberryPiは通常自動でIPをアサインしてくれますが、それでは困る場合などに固定IPアドレスにする方法です。
raspbianのversion upに伴い、raspberryPi2の時とは方法が変わっているようです。

ちなみにversionは8.0です

$ cat /etc/debian_version
8.0

/etc/network/interfacesの確認

$ cat /etc/network/interfaces
# interfaces(5) file used by ifup(8) and ifdown(8)

# Please note that this file is written to be used with dhcpcd
# For static IP, consult /etc/dhcpcd.conf and 'man dhcpcd.conf'

# Include files from /etc/network/interfaces.d:
source-directory /etc/network/interfaces.d

auto lo
iface lo inet loopback

iface eth0 inet manual

allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet manual
    wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

allow-hotplug wlan1
iface wlan1 inet manual
    wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

上のほうのコメントを見ると、staticIPにするにはdhcpcd.confを編集すればよいことがわかります。
とりあえず書かれている通りにmanを見ます

$ man dhcpcd.conf
     static value
             Configures a static value.  If you set ip_address then dhcpcd will not attempt to obtain a lease
             and just use the value for the address with an infinite lease time.

             Here is an example which configures a static address, routes and dns.
                   interface eth0
                   static ip_address=192.168.0.10/24
                   static routers=192.168.0.1
                   static domain_name_servers=192.168.0.1

             Here is an example for PPP which gives the destination a default route.  It uses the special desti-
             nation keyword to insert the destination address into the value.
                   interface ppp0
                   static ip_address=
                   destination routers

staticで検索すると上記のような記入例が出てくるので、自分のIPに変更して実際に書き込みます

/etc/dhcpcd.confの編集

$ vi /etc/dhcpcd.conf
### ファイル末尾に追加
interface eth0
static ip_address=192.168.0.10/24
static routers=192.168.0.1
static domain_name_servers=192.168.0.1

これで完了です。
後はraspberryPiを再起動して設定したIPでアクセスできることが確認できればOKです。

raspberryPi3へWiringPiGPIOを設定する手順

電子工作

GPIO:General Purpose Input/Output

$ git clone git://git.drogon.net/wiringPi
  Cloning into 'wiringPi'...
  .
  .
  .
  Checking connectivity... done.

$ ls -l
  total 4
  drwxr-xr-x 10 pi pi 4096 Nov 29 15:10 wiringPi

$ cd wiringPi/

./build
  wiringPi Build script
  .
  .
  .
  All Done.
  .
  .
  .

$ gpio -v
  gpio version: 2.32
  Copyright (c) 2012-2015 Gordon Henderson
  This is free software with ABSOLUTELY NO WARRANTY.
  For details type: gpio -warranty
 
  Raspberry Pi Details:
    Type: Pi 3, Revision: 02, Memory: 1024MB, Maker: Embest
    * Device tree is enabled.
    * This Raspberry Pi supports user-level GPIO access.
      -> See the man-page for more details
      -> ie. export WIRINGPI_GPIOMEM=1

Rubyでシリアル通信する方法(serialport gem)

ruby

Rubyでシリアル通信する場合は、serialport gemを使うと簡単にできます。

install serial port

$ gem install serialport

How to Use

require 'serialport'

sp = SerialPort.new('/dev/ttyS0', 115200, 8, 1, 0) # device, rate, data, stop, parity

# 送信
sp.puts("foobar")

# 受信
sp.gets
sp.readline.chomp.strip # こっちだと空白とか余分な情報をそぎ落としてくれる

sinatraでhashデータをJSONとして返す方法

Sinatra ruby

方法

require 'json'
return #{hash}.to_json

require 'sinatra'
require 'json'

get '/top' do
  hash = {
    "key1" => 1,
    "key2" => 2,
    "key3" => 3,    
  }

  return hash.to_json
end

raspberryPi3とWindowsPCでシリアル通信する方法

電子工作

接続

raspberryPi側

調べると色々出てきますが、変換ケーブルのGND, TXD, RXDをRaspberryPiのGPIOに差し込みます
ここで注意が必要なのが、送信と受信を対にするために以下のように接続します

f:id:portaltan:20161201180555j:plain

PC側

PC側は普通にUSBに差すだけです。
差したあとにデバイスマネージャーで認識されているか確認しましょう
f:id:portaltan:20161201160935p:plain

設定

raspberryPi側

調べていくと、raspberryPiのシリアル通信ポートは既に他の用途で使われているようで、これを使えるようにする方法がRaspberryPiのモデルやRaspbianのversionによって様々で、ちょっと苦戦しました。
最終的に私がうまくいった方法は・・・

1. raspi-configでserial通信を有効化する
2. /boot/config.txtへ追記
$ sudo vi /boot/config.txt
  enable_uart=1 # 末尾へ追記する
3. getty無効化
sudo systemctl stop serial-getty@ttyS0.service
sudo systemctl disable serial-getty@ttyS0.service
4. 再起動する

通信(確認)

PC側 ⇒ raspberryPi

今回はターミナルとしてteratermを利用しました
接続方法を選択する際にTCP/IPではなくシリアルを選択します
f:id:portaltan:20161201160947p:plain

raspberryPiのボーレートは115200なので、「設定 > シリアルポート」から、ボーレートの変更を行います
f:id:portaltan:20161201160953p:plain

変更後にエンターキーを一度押すとログイン画面が表示されます。
f:id:portaltan:20161201160958p:plain

raspberryPi ⇒ PC側

色々方法はあるようですが、今回はscreenを利用して確認をします

screen /dev/ttyS0 115200

これでscreen経由で入力した情報がシリアル側へ表示されればOKです
f:id:portaltan:20161201175006p:plain

おまけ

/boot/cmdline.txtの編集

このままだとシリアル通信側に全てコンソール情報が常に表示されてしまうので、cmdline.txtファイルを編集することでそれを防ぐことができます

$ sudo vi /boot/cmdline.txt
  dwc_otg.lpm_enable=0 console=tty1 console=serial0,115200 root=/dev/mmcblk0p2 rootfstype=ext4 elevator=deadline fsck.repair=yes rootwait
  # console=serial0, 115200を削除します